So-net無料ブログ作成
検索選択

アントクアリウム一日目 [アントクアリウム]

誕生日プレゼントとしてリクエストしていた
アントクアリウム。
買ってもらいました!!!

早速、はじめてみます。
なにか変化があればここに日記として報告するつもりです。

アントクアリウムとは?
http://www.outride.jp/globus/antquarium.html

発見・その1日目
とりあえず、蟻さんがいないことにははじめられないのでアリハントしに再度山(”ふたたびさん”という名前の山です)へ。
山にいる蟻さんのほうが大きくて、力強くて(イメージ)きっと立派な巣を作ってくれそう(勝手なイメージ)と思っていたから楽しみにしていたんだけど、結局断念。
普通にぽいぽいっと枝かなにかを使えば直接アントクアリウムキットへ採取できるとばかり思っていたのだが大人二人がかりでも難しい。
思ったよりもはるかに頭がいい。蟻。特に山の蟻。デカイし早いし黒い。
彼らの何倍もある動物の糞を数匹で運んでいる姿を目の当たりにし、むしろこちらが身震いしてしまうほど。人類の敵じゃなくて良かったと本気で思った。

採取場所を変更。近所の公園や神社の蟻は希望の大きさよりも小さいものが多い。
近所の草むらに落ち着き、なるべく元気で大きく、同じグループのものをゲット。

山での失敗を反省し考案したアリハント作戦。
1・クリアなプラスチックコップとラップと輪ゴムを用意
2・目を付けた蟻にコップをかぶせ、コップに這い上がるのを待ちます。
(行き場がないという状況判断をし諦めて上へ登ってきます)
3・すばやくコップを持ち上げ手で蓋をし、またすばやくラップをします。
(頭のいいやつは観念したとみせかけてこの隙を突いて逃げます。)
4・このコップごと、冷蔵庫へ入れます。
5・うそ~っというほど死んだように丸くまりおとなしくなります。
6・キットの蓋を開け、コロンコロンと入れてやります。
7・数秒後、うそ~っ!いうくらいめちゃめちゃ元気に動き出します。
8・空気穴は一応セロテープで止めておきました。
この蟻たちは結構大きいほうだと思うのですが、それでもあの穴に向かう筒に全身が入ってました。

蟻は6匹。
いきなりレスリングをはじめるやつらが。
心配になりましたが見ているこっちがエキサイトするくらい
相手を持ち上げたりふたりがゴロゴロと団子状に絡まったりしています。
とにかく最初の数時間は、逃げ場所探しと、状況判断に必死という感じで
すばしっこくウロウロウロウロしています。
触覚で話をしているように向かい合ってなんかごにょごにょ言ってます。
じっとしているやつを観察すると、口だけがパクパクしていたり、
何故か真ん中の右足だけをカクカクしていたり。
早く巣を作ってほしいけど、このメンバーでうまくやっていってくれるのか
心配です。
早いチームで30分、遅くて2週間というから、のんびりと見守ろうと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。