So-net無料ブログ作成
映画の感想 ブログトップ
- | 次の10件

レディーで良かった今日は映画レディースデー [映画の感想]

「嫌われ松子の一生」(http://kiraware.goo.ne.jp/)と
「間宮兄弟」(http://mamiya-kyoudai.com/)鑑賞。
前日に、同じ監督つながりで「下妻物語」もTVでしていたのでそれも予習がてら鑑賞。

なんなんでしょう。
ついつい今回は特にキャスティングの興味本位が圧倒的に優先されてしまった。
好きな人がてんこ盛りに次々出てくるもんだから楽しかったです。
最近の芸人さんの映画露出度は高いですねえ・・・。

朝のNHK「純情きらり」でも同じことを思ったのですが、劇団ひとりさんは昭和の服が
素晴らしくお似合いですよね(笑)
スープレックス時代からのファンなのです(^-^)b



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「インザプール」鑑賞 [映画の感想]

はい、それで昨夜観ました、「ホールドアップダウン」。
岡田君おいしい役やったなあ。

おいしい役といえば、今日観た「インザプール」の
伊良部先生@松尾スズキさんやったな~。
編集長@ふせえりさんとの掛け合いと間と空気が大好きでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」鑑賞 [映画の感想]

「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」鑑賞。
公式サイトhttp://www.wandg.jp/teaser/index.html

まさかクレイアニメであんなに手に汗にぎるとは思いませんでした。
相変わらずグルミットだけがしっかりしています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「THE有頂天ホテル」観賞 [映画の感想]

観ました!
噂には聞いていましたがキャストが豪華!
主役級の方達ばかりでした。
オダギリジョーさんとか前情報なかったら気付かなかったかも。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

「バタフライエフェクト」鑑賞 [映画の感想]

「バタフライエフェクト」鑑賞

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション

http://www.butterflyeffect.jp/

タイムトラベルサスペンス?っていうのかな?主人公と一緒に観ているこっちも
状況を把握するのに必死です、鼻血ダラダラです。

公式HPによると
「バタフライ・エフェクト」とは、「一匹の蝶が羽ばたいた結果、地球の裏側で竜巻が起きる」という、最初のごく小さな差違が、将来予測不能な大きな違いを生じるというカオス理論の有名な言葉
だそうです。

これで思い付きついでに「風がふけば桶屋が儲かる」を調べてみたのですが
私の持っている広辞苑によると
風が吹く→砂埃大量発生→盲人増加→盲人は三味線を弾くのでそれに張るための猫の皮が
必要→猫激減→ねずみ増加→桶をかじられる→桶屋が儲かる
思わぬ結果が生じる、もしくはあてにならぬ期待をすることのたとえ

と、あります。落語でもありますよね。あ、余談でした。

つまり。過去に自分がしたこと、言動がもしかしたら誰かの人生を左右したかもしれない。ってこと。
もしも、過去に戻れて、やり直しができたら未来は変わっているのかな?

いろんな人に影響されて、いろんな偶然が重なって今の状況、今の自分なのであります。
私が今こうやってブログを更新しているのも、何処かの誰かの幸せへのエフェクトなので
あります。

あなたの人生を変えた決定的に運命的な出来事ってありますか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

「チャーリーとチョコレート工場」鑑賞 [映画の感想]

「チャーリーとチョコレート工場」観ました。

外国人俳優さんがどのような基準で一般的に「カッコイイ」と言われているのか
未だに模索中のあさゆきですが、
今回主役ウォンカを演じたジョニーデップは確かに”カッコイ”かったです。
ここで注意したいのはこの”カッコイイ”は厳密に言うと
アラレちゃんがワクワクしながら言う”カックイイ!”に近いです。

ティムバートン監督の世界観が大好きなのも手伝って
鑑賞中はワクワクドキドキしっぱなしでした。
映画丸々そのままどこかのテーマパークのアトラクションになりそうな感じ。
”毒気たっぷり”とか書かれていますが・・・・私にはむしろ爽快なシーンでした。
単純に子供は引くかもしれないけど。

それにしてもあのチョコレート工場にあんなヒミツがあったなんてね・・・・


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

真夜中の弥次さん喜多さん [映画の感想]

観ました。
が、こういうところではネタバレはいけませんよね。
気をつけて書きます。

いや~良かったです!
おいらんが!(笑)強烈にインパクトに残りすぎ、松尾さん~!!

あと、板尾さんには笑ったし、一方でゾクゾクッとするほど恐い演技に驚愕させられ、
あの人はすごいなあ・・・とまたまた改めて思わされました。

豪華キャストでした。

とにかく、人を選ぶ映画なので、あまり気安く友達を誘わないように。(笑)
面白い映画や舞台などで、帰りに「あれはどこが面白かったかというと・・・」なんて
ツレに説明するハメになるほど萎えるものはないですよ。
クドカンワールドが大好きな人と是非!
荒川良々さんが出てるだけで”ツボ”というお友達なら是非是非連れて行ってあげましょう。

特に今回は、観客みんな笑うとこが違っていて、
私だけ妙に受けたり、私的にはかなりシリアスなところで他の人笑ってましたし。

私にはクドカン作品、それにご本人自身がかなりストライクゾーンなんだなあと。
改めて思いました。挿入歌もいいですね。
サウンドトラック欲しいなあ・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
- | 次の10件 映画の感想 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。